« 酒井法子被告・・・傍聴倍率は過去最高! | トップページ | 3人に1人は見ていた!酒井法子被告の初公判 »

松戸の女子大生放火殺人 左胸に深い傷

謎の多い事件ですよね。空白の約2日間の足取りを調べて早急に犯人がつかまればいいですが...。顔見知りか通り魔的犯行なのか、警察の捜査ではやく解明してほしいですね。 

凶悪犯罪の歴史

荻野さんは、マットレスの上に仰向けの状態で発見された。マンションはオートロック式で、2階にある荻野さんの部屋の玄関にも鍵がかかっていたが、出火当時、ベランダの窓は無施錠だったという。千葉県松戸市のマンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害されて見つかった事件で、荻野さんの左胸3カ所に特に深い刺し傷があったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。千葉県警松戸署捜査本部は、同日司法解剖を行い、死因や死亡時刻などを特定する。捜査関係者によると、荻野さんの遺体には、刃物による傷が胸や首に複数あったが、左胸の3カ所の刺し傷は特に深く、心臓付近まで達していた。また、首にはストッキングのようなもので絞められたとみられる跡があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000511-san-soci

|

« 酒井法子被告・・・傍聴倍率は過去最高! | トップページ | 3人に1人は見ていた!酒井法子被告の初公判 »

ニュース」カテゴリの記事