« 島根 女子大生遺棄事件・・・猛スピードで走る不審車両 | トップページ | 市橋達也容疑者逮捕!勤務通報した建設会社・・・契約解除の被害 »

貨物3千トン固定に問題か・・・熊野灘フェリー事故

とにかく乗客乗員が無事に救助されてよかったですね。あとは、なぜ、このようなことになったのかの原因解明が待たれます。テレビでも見ましたが、見事なまでに傾いていましたね...。 流れ出た重油の処理などが大変そうですね。

海事一般がわかる本

ヒヤリハット200と事故防止

三重県熊野市沖の熊野灘で13日早朝、船体が大きく右傾し乗客乗員28人がヘリコプターで救助されたフェリー「ありあけ」。荷崩れを起こした貨物の固定方法に問題なかったか。有識者らに聞いた。ありあけの積載貨物は、コンテナやトレーラー車両など計約3千トン超。「貨物の積み込み作業で、しっかり固定できなかった可能性がある。きちんと固定したつもりでも船の揺れで緩むことはある」。古荘雅生神戸大教授(船舶安全学)が解説する。海上の気象にも触れ「航路の選定や操舵(そうだ)の方法に問題がなかったか、今後検証が必要」と指摘した。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/324133/

|

« 島根 女子大生遺棄事件・・・猛スピードで走る不審車両 | トップページ | 市橋達也容疑者逮捕!勤務通報した建設会社・・・契約解除の被害 »

ニュース」カテゴリの記事